あと1年生きると決心した24歳

2014年、大学4年生の時に難病(全身性エリテマトーデス)、大学留年、仕事クビ、現在再発中で二度目のパルス療法、絶望

卒業証書


にほんブログ村http://sick.blogmura.com/
 卒業式は欠席し、卒業証書は郵送してもらおうと思っていました。でも教授から連絡がきて、取りに来てといわれたので、行ってきました。

 5年間、教授には病気のことも理解していただいて、サポートもしていただいたので、母も挨拶したいということで、一緒に大学に行きました。

 大学に着いたとき、母が、「5年前、行きたくて行きたくて、行けるかなぁって言ってた大学だよね」といった言葉が胸に響きました。高校生のころ、母も一緒にオープンキャンパスに行ったりして、、あの頃からずっと応援してくれてました。

 私はこの5年間の闘病生活で、気がつけば余裕を失い、両親に感謝することもできませんでした。正直、今日、母が一緒にいきたいと言ってくれたとき、来なくていいよぉって不機嫌な態度でした(笑)

 本当は健康で現役で卒業して、ちゃんと就職して、、普通の自立した社会人になりたかったです。今でも現実が受け入れられない時があります。それができなかったから、私の中で大きなコンプレックスができてしまい、家族にも友達にも情けない思いでいっぱいです。(だからといって、誰かに責められたわけでもなく、自分が気にしているだけです(笑))


 だから、我が家ではいつの間にか、病気、大学、就職の話はタブーになってました(笑)

 でも今日は、両親にありがとうと言えたので、それで良かったと思っています。プライドが高く、現実逃避ばかりしている私ですが、ちゃんとした社会人になれるように頑張ります。

 母が教授に渡したお煎餅のおまけです(#^.^#)
f:id:ssnlove:20160317205002j:image

 母と帰り道にイタリアン行きました(#^.^#)
f:id:ssnlove:20160317205045j:image
f:id:ssnlove:20160317205052j:image

 なんか、母、母言って、すごいマザコンみたいですよね。まぁ、マザコンですが(笑)(#^.^#)

 応援してくれている両親と祖父母、ありがとう、、必ず幸せにします。。(>_<)このブログ見てないけど(笑)