あと1年生きると決心した24歳

2014年、大学4年生の時に難病(全身性エリテマトーデス)、大学留年、仕事クビ、現在再発中で二度目のパルス療法、絶望

難病患者内定までの経緯


にほんブログ村http://sick.blogmura.com/
 私は今年の3月、大学を卒業して大手不動産会社でアルバイトしておりました。そこで、何年か続けて社員になるつもりでした。しかし、私自身が精神的に不安定で、パートのおばばと仲良くできなかったのと、やはり、大学を卒業したばかりで、なぜ新卒で就職しないの?という質問を気にしてしまって、1ヶ月で辞めることにしました。大手の正社員たちをみると、羨ましいと思うと同時に、あそこまで福利厚生がいいなら、私も正社員で働きたいと思うようになりました。

 失礼だとは分かっていましたが、辞める1週間前に人事の方に辞めたいと言いました。人事の方は超優しくて、本当に憧れで、おばばが嫌なら、チームを変えてあげるからと言ってくれましたが、辞めると言いました。良くしてくれた人事の方、その他の社員さんには、ジェラピケのリップをプレゼントしました。

 辞めると宣言したその帰り道、私はとある大手派遣会社に登録に行きました。正社員はどうせ無理だろうと思い、派遣を目指すつもりでした。しかし、そこで面接をした担当者が、派遣と同時に、その派遣会社の正社員の募集もあるから、説明会に参加してみれば?と勧めてくれました。その日に説明会の日程を決めてくれて、次の週、説明会に行きました。

 私は道に迷い、説明会に遅刻してしまいました。説明会担当の方の視線が怖かったです(笑)説明会では、私くらいの女子が6人くらいいました。これは、就活あるあるなのですが、説明会といいつつ、選考に使う課題をいきなりやれとか言うんですよね(笑)私もそれくらいは想定して準備していたので、わりと簡単に対応できました。しかし、私はそもそも遅刻していたので(笑)、もう落ちたな、と思い、パンフレットや書類は破って捨てました(笑)

 そして次の日、電話がきて、面接にきてほしいといわれました。正直、驚きました。面接は1週間後でした。

 面接の担当者は広末涼子さんに似ている美人なお姉さんだったので、緊張しました。45分間面接だったのですが、自分でも驚くほど、スラスラ対応できました。でも、落ちたかな、と思い、またそこでもらった書類を捨てました(笑)

 
 次の日、内定の電話がきました(笑)こんどは、入社前オリエンテーションにきてほしいとのことでした。

 私はこのオリエンテーションでもやらかしました。なんと、電車遅延で、20分も遅刻したのです。。。オリエンテーションで、社員さんと話す機会があったのですが、、なんと!説明会担当の方だったのです!「私が担当した説明会きてくれてたよね(^^)」と、覚えていてくれました。遅刻したからあたりまえか(笑)


 ちなみに、私は大手派遣会社の社員になのですが、そこからまた他の大手企業に配属されるというシステムです。

 昨日、その配属先が決まりました。まさか、こんな形で大手企業に就職できるとは思ってもいませんでした。

 新卒が全てではないんですね。もしも、病気で大学を留年してしまったり、大学時代に病気で就活しなかったとしても、落ち込まないでください。私みたいなひともいるから、希望に思ってほしいです(^^)

 大手、大手っていってるのは、私にとって、自慢できることがこれが最初で最後になるからです。私は病気になって、ほんっとうに惨めな思いしかしてきませんでした。

 入院しているときは、皆、心配してくれるし、無理しないでといいますが、時が経つと、病気の重さを忘れられてしまうのです。そういう中で、言われる言葉がすごく嫌でした。孤独で惨めでした。だけど、やっと就職もできました。だから、今だけはこの喜びに浸りたいです。

 1ヶ月でもいいから正社員をやってみたいと願っていましたが、実際に内定をもらって配属先に行ったら、、ずーーっと働きたいと思いました。病気、治りたいな。