あと1年生きると決心した24歳

2014年、大学4年生の時に難病(全身性エリテマトーデス)、大学留年、仕事クビ、現在再発中で二度目のパルス療法、絶望

難病女が社会に出て気がついたこと


にほんブログ村http://sick.blogmura.com/

こんにちわん!(=^・^=)、、、、w 暑いですね。こんな中、絶対に外にでたくない難病女です。冷房が効いた部屋の中で、ベッドに寝っころがっております。体調悪くて、吐き気がします。。。お腹も痛いよお。今日は、難病女が社会にでて(まだ1か月しかたっていないw)知ったことを綴ろうと思います。

 病気を抱えて働くことで一番大切なことは、職場の環境だと思いました。もちろん、いじわるおばばがいたり、人間関係がストレスになってしまうのも良くないと思うのですが、周りの人の理解や、人間関係云々よりも、職場環境が大事であると思いました。私が1か月間お世話になった会社は、会社の方針的に、仕事を任せられたら、完成させさえすれば、働くスタイルは自由でした。疲れたら勝手にカフェテリアで休んでもいいし、お昼はフロアが暗くなるから寝やすいし、とにかく仕事さえやれば、遅刻しても早く帰っても好き勝手しても口出しされない環境でした。体育会系が好きなひとには、クールに感じると思います。しかし、これが難病女にはヒットしました。とにかく体調を管理しやすい環境でした。結局、会社同士がけんかして私はいられなくなりましたが、、、、。

 そして今、自宅待機というペナルティに発展した、1日でやめた職場があります。私が健康だったら、踊り狂うほど最高の環境でした。アドレスフリーという自由な座席、オシャレなインテリア、優しい先輩、上司たち、都会、そしてなぜか職場にわんちゃんがいる、、wというかんじでね。ただ、ランチは座席でNGでした。外にでるか、会議室みたいなところでわいわい食べるかで、まったく休めません。オフィス街のランチタイムはものすごい人です。SLE史上最強に攻撃してくる敵は太陽です。難病女がわざわざもっとも敵がでてくる時間に外にでるなんて自殺行為ですw。そしてむだにおしゃれなインテリアは機能性を無視していて、難病女は仕事内容や人間関係の前に、そこにいるだけで体が疲れてしまいました。。。

 これ、健康なひとには絶対に理解できないことだと思います。それくらい我慢しなよぉ、、と言われると思いますが、無理なんですよ(;_:)周りの人の理解はどうでもよいんです。なぜなら、難病って、自分でさえ意味わからないから、自分以外の人が理解できるわけがないのです。。それはどうでもよいので、とにかく過ごしやすい環境が私にとって大切であるということが判明しました(;_:)


 余談で、難病とはまったく関係ない話をしますw。社会にでて、ふと、男性に生まれたかったと思いましたw。人間で一番華のある世代は、30代男性ではないでしょうか?w。そのくらいの年齢だと人生経験豊富で、今までの人生で形成してきた個性がでてきますよね。男性は、子どもを産めとか圧力をうけないし、年齢を重ねるほど魅力がでてくるし、生理もないから毎月PMSで鬱にならないしw、独身でも既婚者でも働けば輝く生き物だと思いました(笑)。逆に女性は、いじわるなおばばとかいるし、おばばになると嫉妬とか見栄を中心に生きるひとが多いし、って、これじゃおばばの悪口ですね(笑)ごめんなさい。。。(;_:)輝いている女性も沢山いるけど、やっぱりみんな、色々抱えていて精神的に大変そうですよね。まあ、男女限らず、生きる事は大変ですが、、、。本当に幸せだと思って生きている人っているのかな。


 昨日、あのあとは友達と韓国料理を食べました(^人^)暑い日に韓国料理とかインドカレーが食べたくなります(^^)友達は転職活動中なので、お互いの悩みを共有して新たに頑張ろうと決心できました(^^)

 

 

f:id:ssnlove:20160707145708j:image

f:id:ssnlove:20160707145716j:image

 

あと、やっぱり自炊が好きなのでミネステローネつくりました♡これ、ディズニのパスタ可愛くないですか?(^人^)

f:id:ssnlove:20160707145655j:image