あと1年生きると決心した24歳

2014年、大学4年生の時に難病(全身性エリテマトーデス)、大学留年、仕事クビ、現在再発中で二度目のパルス療法、絶望

ミラエール③


にほんブログ村http://sick.blogmura.com/

 ミラエール先輩Kさんの他に、違う派遣会社からきていた主婦のYさんがいました。40代ですが、お子さんがいなくて若々しくて毎日ランチはミラK先輩、主婦Yさんと、あとひとつしたの変な中国かぶれの派遣の子と食べてました。

 

 

 昨日、主婦Yさんから、私の契約が終わったことを知ったとラインがきました。てゆか、向こうとしては、派遣会社が間に入ってるため、派遣先と私は簡単に連絡がとれないし、いきなり入院したひとみたいな扱いになってると思うんです。

 

 

 そこで、やっぱり派遣先にはお世話になったし、可愛がってもらえたので、膠原病のことを伝えることにしました。Yさんにラインで伝えました。今回が初めてのことではないこと、ずっと体調が悪かったこと、など、とにかく正直にラインしました。すると、やはり社員さんたちも気になってたらしく、ちゃんと伝えておくねと親身に話を聞いてくれました。

 

 

 だから今日、私が膠原病であることは、職場のみんなに知れ渡ったと思います。もう会うこともないですけど、それでも伝えたかったんです。日本女子文化とか嫌だったけど、それでも本当に良い職場に出会えました。

 

 

 私はいまの派遣会社は大嫌いですが、最後の派遣先が、本当に本当に感謝すべき会社でよかったです。

 

 

今回の一連の選択があってたかというとわかりません。だけど、最後の派遣先は出会えてよかったと思うひとばかりで、よかったと思います。