あと1年生きると決心した24歳

2014年、大学4年生の時に難病(全身性エリテマトーデス)、大学留年、仕事クビ、現在再発中で二度目のパルス療法、絶望

難病女のクリスマス


にほんブログ村http://sick.blogmura.com/

母がクリスマスケーキを買ってきてくれました( *´艸`)あとかなりボリューミーなタイ焼きふたつも買ってきてくれました。全部食べたのでおなかがものすごくでていますが、今日は日曜で病棟も静かでしたし、楽しいクリスマスを過ごすことができて感謝な気持ちです。母とは少しだけ言い合いになりました。それでも、やはり母と過ごすと心が安定するマザコンです(笑)。

ちょうど一年前のクリスマスもウイルス感染で10日ほど40度が続き、死にかけたのですが、母に病院のスタバでタンブラーを買ってもらったことが良い思い出です。毎年、昼間は友達と過ごして、夜は家族で、というクリスマスを過ごしています。ここ最近は病人のため、なかなか難しかったりするのですが、、、、。来年はもっと満足に良いクリスマスを過ごせたらいいと思います。病気になってからは季節の行事を楽しめることがどれだけ素敵なことなのか、幸せなことなのか悟りました(笑)。私、まだコートも着ていないし、タイツもはいていないんですよ(笑)。冬はまだまだ続くので、これから冬のイベントを楽しめたらいいと思います。

友達と近場で良いから旅行も行きたいし、家族で石垣島に行く計画も立てているそうなので実行したいし、その前にみんなで家で大掃除したり年を越す準備もしたいし、、、やりたいことたくさんあります。退院したら、病人!っていう入院中のような扱いにはならないから、逆に大変なこともたくさんあるのは経験済です。それでもそれでも明日の検査結果が順調で、予定通り退院したいです。心配してそわそわする気持ちもあるけど、心の奥底の本当の気持ちは、何が何でも退院しますよ!という気持ちなので、神様がその切実さを受け取ってくださると信じます(笑)。