あと1年生きると決心した25歳

2014年、大学4年生の時に難病(全身性エリテマトーデス)、大学留年、仕事クビ、現在再発中で二度目のパルス療法、絶望

既存性を捨てたお正月


にほんブログ村http://sick.blogmura.com/

 こんばんは!今年のお正月は時がゆっくり流れてるかんじがして沢山食べて沢山寝るっていう幸せを噛み締めております。病院のかたーいベッドと枕に慣れてしまったのか、毎晩無意識でベッドに入った時、ふかふかで暖かくて幸せで、涙が出そうになるくらい、あーーー(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)ってなりますw。

 

 

 31日の夜、1日の朝晩は父方の祖父母の家で過ごすことが決まっていたのですが、今年はデリカシーのない最低老人たちのせいで、私が暴れたことにより、台無しになりました。入院してた時、あんなに楽しみにしてたのに、1日はお餅も食べられず終わって、夜も家でひとりでカップ麺食べるか、、と思っていたら、我が家で過ごすことになりました。今回、私も家族も既存性を捨てて新しくお正月ができてなんか楽しかったです。本当に、いつもなら、みんな私を責めるんですよ、もうちょっと大人な対応しなよー、とか、あの人たちはそういう人なんだよー、とか言ってきて、誰も味方してくれなかったのに、なんか嬉しかったです。めっちゃ自分勝手ですが受け入れてくれた家族に感謝してます。

 

 今朝、昨日暴れて食べられなかったので、父がお餅焼いてくれました( ^ω^ )デリカシーない祖母が、昨日私の分を父に預けてくれたみたいです。別にいいのに。まだ時々イライラするから、また倉庫に襲撃してヒールで車蹴ってくるわ。

 

 毎年2日は母方の祖父母の家にいきます。父方の祖父母の家は昨日ブログに書いた通り、家から徒歩30秒のとこにあり、デリカシーのない高慢な祖父母が住んでおります。母方の祖父母の家は、家から徒歩10分のところにあり、天然な祖母と、母の変な兄一家が住んでおります。

 

 入院するたびに、この母の兄一家がマジでおせっかいで。その娘が子役やってるんですけど、そいつの写真送ってくるんですよ。意味わからん。なんで人が難病と闘ってる時、どうでもええ子役の写真送ってくるんだ、死ねって思ってました。それでも2年前は、ありがとうと返していたし、余計なことしてくるの死ねって思いましたが、堪えて大人の対応してたんです。

 

 今回の入院時も来ようとしたので、断固拒否して、退院した時もふだん敬語なんて使わないのに敬語でラインしましたwwちなみに退院したとラインしろと母にキレられたのでイヤイヤしました。

f:id:ssnlove:20170102211137j:image

 ほんと、お見舞いをイベントのように捉えたり、心配という自己満足の行動をとってくるやつらはうざいので、はっきりいうことにしました。娘、子役やってるけどさ、大して可愛くないよ。なんならムーンフェイスのわたしの方が可愛げあるんじゃん?なんて。うそです(笑)

 

 でも、毎年2日はおばあちゃんに会いに行かないと、、みたいな家族の圧力があるので、今年も嫌だなぁ、、兄家族やだなぁ、、とか思っていたら、今年はあえて、おばあちゃんを我が家に招待することになったんです!母が提案してくれて(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)すごく楽しく過ごせました(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)おばあちゃん、兄家族もいないし(ていうか呼ばなかったw)リラックスしすぎて昼寝までしてきましたw。いや〜、母、ありがとう。父もいつもだと母の実家ということでそわそわしてたけど、今年は我が家だったので、変に張り切って楽しそうでしたw。

 

 死ぬほど食べてるので、毎晩二駅分歩いてます( ^ω^ )明らかに太ったので、、まぁ35ミリっていっちばんパンパンになる時なので、仕方ないと受け入れて好きに食べてるのですが、ストレス解消になるので二駅分必ず歩いてます!夜も眠れますし、便秘解消になりますし( ^ω^ )ただ、誰にも会いたくなくて、夜にマスクつけてうろういてます!

 

 入院中食べたかったお寿司とかカニとかアボガドとかお刺身とか死ぬほど食べてます♡♡幸せです〜!もう死んでもいいやってくらい(笑)、好きに食べて暴れて寝て運動して生きてるので、幸せです。

 

 

 もうね、後悔するの疲れました。既存性にとらわれるのも疲れました。人間は正常を超えたら生きられないように創造されてるんですよ。とある牧師先生がおっしゃってたのですが、本当にそうだ!と思いました。この言葉を聞いて以来、私は自分は今までひたすら自己嫌悪に陥り自分を否定する毎日から、自分を認めようと実践するようになりました。もちろん、だからといって、暴れて人を傷つけたり、糖尿病になるほどバカ食いしたりとか、そういう話ではないですよ。

 

 「人間は<正常>を外れたら、全て「苦痛」であり、何かの目的を成す上でも<正常>を外れ、<線>を外れたら「苦痛」です。

 

 行なうにしても、<正常>を外れないで耐えて行なってこそ、願うとおりに理想的に続けて行なって、前に進むようになります。

 

 

 温度計や、秤や、さまざまな機械を鋭利に作っておかなければ、100%完全に測定することができません。あの堅固で雄大な自動車や飛行機も、とても鋭利に作っておいたので、目的を持って100%使用することができるのです。

 

 人間もそうです。産毛の一本でも加えて体に触れたら感じるし、抜いても感じるように、鋭利に100%完璧できれいに構想し、行なうように創造されました。

 

   寝る時になれば耐えられずに寝て、食べる時になればお腹が空いて耐えられずに食べ、働く時になれば耐えられずに働いてこそ「正常」です。

 

 機械も「正常」を外れて「限界以上」超過したのに、感じられず耐えれば、故障します。

 

 

 もし食べなくてもお腹が空かなければ胃がだめになり、寝なくても全く関係なければ体がだめになり、病気になったのに痛いことが分からなければ健康が破壊されます。
実際、このような人は「よく我慢できる人」ではなく、「感覚が鈍い人」であり、「その面において死んでいる人」と同じです。」

 

 

 我慢することが、耐えることが、必ずしもいいことじゃないんですよね。人と人同士でも、私は傷つくことを言われた時に、言い返してしまったら自己嫌悪に陥って自分を責めてたし、言い返せなくて一人で抱え込んでしくしく泣いたりとか、、なんかそういうの疲れました。そんなことばかりしてるから、ストレス性の変な難病になったわけで、再発までしてるんだから、変わってかないと。

 

 いつまでも、あの時あーしてればよかった、でも実際あの時も本気で悩んで本気で考えたけどあーするしかなかった、、あああ、もう人生をやり直す力もないからやり直したくないし、これから進んでくのももう再発したからまた1からだし辛いしもうやだぁ。

 

 みたいに考えるのも疲れましたw。どんなに計画を立てても、いきなり熱でたりだるかったり、うまくいかない難病だからこそ、今を大切に楽しく生きてます。あと、髪もこれからまだまだ抜けるからもうどうでもいいや、とか、デブだしムーンフェイスで変だから1日ジャージでいいや、とか思ってたしずっとそんなかんじだったのですが、、

 

 こんまりさんの片付けの本を読んだら認識変わってw、影響受けすぎて、毎日ちゃんと着替えたり、可愛い部屋着きたり、メイクもするようになりましたw。もしいま退屈な方いたら、あの本読むのオススメですw。読むだけでやめるなら意味ないですが、実践した時に、すごく良い本だなってわかると思いますw。