読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと1年生きると決心した24歳

2014年、大学4年生の時に難病(全身性エリテマトーデス)、大学留年、仕事クビ、現在再発中で二度目のパルス療法、絶望

24歳のテーマ。1月しめくくり。


にほんブログ村http://sick.blogmura.com/

こんばんは。今日で1月も終わりですね。元旦から暴れて始まり、最後には何も悪くない父を罵って謝らせ、母を泣かすというなんとも全く望んでいなかった生を生きた一カ月であり、もう天が崩れ落ちたと思いました。だけど、また立ち上がることに成功し、何とか生きております。そして全く望んでいなかった生を生きたにもかかわらず、その中でも、薬が順調に減ったり、6年間も望んでいた夢が成就したり、その他色々、良いことも沢山あって、幸せを感じたりもしております。波乱万丈すぎて、毎日が濃いな。一見ただの引きこもりニートみたいなもののくせに、毎日毎日経験することが沢山あって忙しいですわ。

 自分が今、すべきことは、道をつくることだと思って生きてきました。道をつくることが24歳のテーマです。。なぜそう決めたのかというと、私は24歳になったとき(去年の10月に24歳になりましたよ)、入院一週間前で40度の熱に犯されて死にそうになっていましたが、その中でも死にそうになりながら、聞いた言葉があります。

・ある人は小道、ある人はリヤカーの道、ある人は土の道、ある人はアスファルト、自分の次元通りの道だ。

・道を作ること、心を磨くことは易しいことではない。磨いていると岩もでてくるし、難コースもでてくる。しかし、最後まで貫通してこそ交通する。ところが作る途中でやめた人たちが多すぎる。

・道を作ってこそ、重機が通るので美しく神秘的で雄大に作る。

・平素、道をつくっておきなさい。

 これらの言葉を勝手に24歳のテーマとして生きてきました。とくに、天がくずれおちたわ。もうだめだ。死にたい。限界だ。と思って実際に倒れたときに、この言葉をメモしたノートを見て立ち上がり、実践する生活に戻るとうことを繰り返しておりますw。そもそも最初はいちいち倒れて自暴自棄になって死んでる自分が恥ずかしくて情けなくて嫌で、そういう点を直すことに必死だったのですが、方法を変えて、倒れるのは良し。にしましたw。ただ、立ち上がること、時間がかかってもいいから、投げ出さないこと、という方法に変えました。もういいです。何度も倒れているうちに、倒れたり自暴自棄することに飽きると思うので、㋁もこの方法で生きます。また自分の次元があがったら、方法を変えます。

 体調はめちゃくちゃ悪いです。最悪です。今日は明け方3時ごろ、おそろしい片頭痛で目が覚めました。痛すぎて再び眠りにつくのに時間がかかりました。プレドニンを飲むために8時ごろおきて、ラケルのパンをたべて、洗濯物を干して、、、とかやっていたのですが、あまりにも片頭痛がひどいので、朝9時には再びベッドへ、、、w。そうそう、ここ半年くらいかな、記録を破ったことがあります!!鎮痛剤を飲む頻度の高さ!!w。なんと、1月は生理痛で一度ルナを飲んだだけ!!!!(^▽^)私はなんだかんだ、頭痛やら体調不良で週一でカロナールとかロキソニンとかバファリンを飲む人だったのですが、この体質を変えたくて、、色々計画を実行中でございまする。ノニちゃんを定期購入しているので、どうせなら、薬より健康食品に頼ろうと思って、今朝もノニちゃんを飲んで、ゆっくり部屋で休みました。効果は正直わからないのですが、少なくとも薬漬けよりマシかな、という気持ちで打ち勝てますw。もちろん、薬を飲むべきときは飲みますが、体がすぐに鎮痛剤を欲するのは嫌なので、2月も挑戦します。話し戻りますが、ラケルのパンっておいしいですよねー(´◉◞౪◟◉)生協さんで頼んだのですが、なぜか私と妹しか食べなくて、家族には人気がありません。全部食べちゃおう。

 今日はおばぶは塾、妹は遊び、両親は知り合いがお店をオープンして顔を出すとのことで、ひとりでした。1週間前くらいに、無駄にズッキーニを買ってみたので、ズッキーニとお肉のグラタンを作ったのですが、クリームソースを作るのに、小麦粉がダマになってしまいました。でもおいしかったです。もう少し、おしゃれな料理を作りたいです。。。