読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと1年生きると決心した24歳

2014年、大学4年生の時に難病(全身性エリテマトーデス)、大学留年、仕事クビ、現在再発中で二度目のパルス療法、絶望

PMDD。最も成功する人。


にほんブログ村http://sick.blogmura.com/

こんにちは(´◉◞౪◟◉)。プレドニン25ミリ1日目。ビスホスホネートの土曜日でありまする。昨日は病院に行って疲れたのか、今朝は9時過ぎまで寝ていました。最近、PMDD(月経前不快気分障害)についての本を沢山読んでいます。海外では、小学校や中学校の保健の授業などで教育されるくらい研究が進んでいるそうですが、日本ではまだ医師さえもよくわかっていないのが現状だそうです。PMDD(月経前不快気分障害)とPMS(月経前症候群)は別物で、これを正しく区別して診断できる医師は日本はまだまだ少ないそうです。そもそもそれにかかっている本人でさえ、ただの怠け病とか、生理前だからだるくて当然、という暗黙の了解で気がついていないことが多いらしいです。でも日本、海外全般的にみても、実際原因や解決方法がはっきりわかっていないみたいですが、それを病気であり、治療すべきだ、という方向性があるだけでも女性にとっては漠然とした不安や自己嫌悪からの脱出につながるのではないでしょうかね。

 PMDD(月経前不快気分障害)は生理前だけ生活や人間関係に支障がでるくらい鬱になるのですが、生理が終わると100%鬱の状態が消えるそうです。これが1番の特徴だそうで、つまり、生理が終わってもだるかったり鬱が少しでもあるならば、PMDD(月経前不快気分障害)ではないそうです。PMDD(月経前不快気分障害)と最も間違えられやすい病気はPMS(月経前症候群)で、その他にも鬱病双極性障害パニック障害統合失調症、境界線パーソナリティー障害などだそうです。

ところで、私が読んだ本を書いた医師のもとに、自分はPMDD(月経前不快気分障害)なのではないか、という女性が沢山診察を求めてくるそうです。ただ、実際にそういってくる多くの女性の中で、最も多いのが、PMDD(月経前不快気分障害)ではなく、PMS(月経前症候群)+何らかの精神的な病気、というパターンだそうです。めちゃくちゃやっかいですな( ゚Д゚)。それで、私も生理前だけうつ病になって、終わったら100%元気!ではないので、このパターンに当てはまるのだと思われます。つまり、PMS(月経前症候群)+ステロイドうつ病、だと思いますwww。PMDD(月経前不快気分障害)もPMS(月経前症候群)も婦人科ではなく精神科に行った方がいいそうですが、しっかり診断できる医師がまだ少ないそうで、間違った治療法を進められるとむしろ最悪なことになりますよね。はい。

話変わって、今週を振り返りと、体調はあまりよくありませんでした。ふう。まあそんなこともあるよね。ただでさえ鬱なのに、PMSも加わって精神的に不安定で、しかも過食がやばかったです。今日は朝から焼き鳥、クレープ、恵方巻、ロールケーキ、スナック菓子、キャラメルコーンとか食べててw、ただのおでぶさんですわ。はあ。

 落ち込んだり、投げ出しているときこそ、自己管理をもっと大切にしなければいけないなと思って生きてます。あーあ。20代前半、ずっと不安定な精神と肉体で生きて終わってしまったので、上りたいです。抜け出したいなって毎日思ってもがいております。そんな中で聞いた言葉を載せておきます。純粋にこのブログを読んだ誰かの心にも響けばいいとか思っちゃいますが、私の愚痴ブログ、どれだけの人が読んでいるのか謎すぎるw。

あなたたちは「持っているものがない」、 「できることがない」と 落胆したり、自暴自棄したりするな。 そのような人に最も大きな可能性がある。 そのような人が最も成功することができる。 自分がじっとしていたら不幸であることを知っているので、 命を懸けて努力するからだ。 足りないものがない人はそれほど努力しない。 自分にあるものだけでも生きることができるから それほど切迫して必要と思わない。 だから、あなたたちの短所とあなたたちの足りなさを機会としなさい。 時間がないと考え、 他の人よりもっと努力しなければならないと考えて、 いそしんで、あなたを鍛錬しなさい。