あと1年生きると決心した25歳

2014年、大学4年生の時に難病(全身性エリテマトーデス)、大学留年、仕事クビ、現在再発中で二度目のパルス療法、絶望

罪悪感に勝つ!


にほんブログ村http://sick.blogmura.com/

 こんにちは。土曜日です。今週は、完全に抜け出した感があります。家族と一度も喧嘩になりませんでした。いきなり雰囲気変わりました。

 

 弟に至っては本当に変わりました。今までは部活から帰ったきたら、疲れて機嫌悪く、ただいまも言わない、ごはんいらね〜、家族がお風呂沸かしたいのに、シャワー浴びるから待ってろ、といいつつ、その辺でダルそうにスマホをいじる。不機嫌を注意すると、じゃあお前も不機嫌になればいーじゃん。と小学生のような返答。その不機嫌に便乗して私にきちがい女という。。。

 

 結果、過去1、私がブチ切れて大喧嘩になりました。不機嫌に帰ってくんなや!!!とね。まじで怒り狂いました。それ以来、もう絶縁かと思ったら、なぜか私に話しかけてきたり、当たり前に、ただいまおかえりというコミュニケーション(中学生くらいから始まった不機嫌なので3年ぶりくらい?)があったり、どうでもええことで、私の部屋に訪れたりします。今朝も友達とも映画にいくらしく、この服装は変じゃないか?といちいち聞いてきました。

 

 

 そんなことより、今日もお昼ご飯を食べたあと、6時間ほど寝ました。このまえのラーメンと同じ感じ。。眠気に勝てないのです。不眠経験者としては眠れることは嬉しく

眠気が来たら即ベッドに入ります。異常的眠気で、母に、三年寝太郎という謎のあだ名をつけられました。

 

 

 ゴルフから帰ってきた父に起こされ、打ち上げ会場まで車出してとのことで、眠くて眠い中、送りました。

 

 

 でね。本題です。父を送り届けて家付近まで帰ってきた時、タクシーを待つ祖母を見ました。2017年1月、再燃し退院から数日ほどしか経っていなくて、精神的にも肉体的にも1番辛かった時に、お月様の顔を笑われ、元旦から傷つきました。その数ヶ月後、父に、祖父母に謝れといわれ、過去最大に理解のない父を恨み怒鳴りつけ(このとき偉そうな父からはじめてごめんとという言葉を聞いた)、そのまま、祖父母の家に走って行き、暴言を吐きに行きました。

 

 体裁ばかり気にした行動、就職したくても体調のためにバイトを選んだけど、バイト先でうまくいかず1ヶ月で辞めたとき、そんなやつ就職できないといったこと、だけど就職できて、その途端、周りに自慢し始めたり、会うたび仕事はどうだ仕事はどうだと追い込むように聞いてきたこと、私本人に病気で可哀想だからという理由で親戚に嘘をついていることを話したこと、傷つけたということに気がつかない高慢さ、挙げ句の果てに私に無視されることを母(嫁)に八つ当たること、そしてなにより、可哀想だと思うわりには、まったく病気を理解しようとしないこと。

 

 お前らシネ!お前らのセイだ!と怒鳴りつけに行ったのです。なぜかというと、祖父母は両親に色々いうんですよ。両親は私に、祖父母に顔を出してこいといい、私は両親に、なんであの人たちの味方するんだと、、両親と私は直接的には仲がよいはずなのに、そこに祖父母がめちゃくちゃに荒らすから、祖父母のせいで両親とも仲悪くなったのです。それに腹が立ったので、怒鳴りつけにいきました。

 

 

 その時、祖父は不在で祖母のみでした。生まれて初めて、祖母の涙を見ました。ただその涙の理由は不明です。怒鳴られてびっくりした、というのが1番だと思います。そもそも病気を理解することができないので、私が病気で苦しくて自暴自棄になっていると捉え、決して何度訴えようと自分がやったことに関して悪いと思っていないのです。

 

 理由は簡単です。

 

 

心配してるから。

 

 もうそれだけです。病気になって、会いたくないと言っているのに無理やりお見舞いにくる親戚の馬鹿たち。病気になったことを訳の分からない推測で原因を決めつける友達、変なマルチ商品を勧めてくる知人。一緒にお祈りするといい、3日でやめる自己愛自己満足500%の教会メンバー。

 

 みんなそうする理由は。心配してるから。それだけ。本当に心配しているならそっとしておいて欲しいですよ。影でお祈りしてくださいよ。商品、本当におススメなら、お金取るなよ儲けようとするな。

 

 

 自己満足の心配という世界一のお節介。

 

 そういうことが重なり、爆発してしまって、結果的に孤独な人生となりました。そういった中で、なんだかんだ、弟と絶縁にならなかったことや、家族の雰囲気が良くなったことは唯一の希望です。

 

 

 ちなみに、タクシーを待つ祖母を目の前で無視して車を走らせたことに少し罪悪感がありましたが、今ブログ書いていて過去を思い出したら、やはり後悔ない行動ですw